「乙女の密告」を読んで・・・

深い話に心打たれたKUJIRAは、今「アンネの日記」を読んでます。この話は、戦争の事ばかり書いてあるとても暗い話だと勝手に思い込んでいたので、完全に読まず嫌いだったのですがこれが読んでみると面白い・・・なんで今まで読まなかったのかと、とても後悔しています。

今1/3まで読み終わったので残りも電車の行き帰りで一気に読んでしまおうと思います。これが読み終わったらミープが書いている「思い出のアンネ・フランク」を読んでみたいな。

まだ読みたい本が沢山あるけど手が回らない状態。大学の間、技術書ばかり読んでいたのでこれからは技術書以外の本を積極的に読んで行きたいと思います。高校のときに読んだ本も読み返してみるかな、きっと新しい発見があるかも。。。

最後に「乙女の密告」の感想を。

文章がとても面白い。読んでいてぐいぐいと引き込まれる感じがします。深刻な場面だがドイツ人教師の性格がぶっ飛んでいるせいかなぜか笑える。でも話の内容はとても深い。

こんなに良い文章なのに、自分の力が足りないせいで少ししか読み取れない・・・アンネの日記を今読んでいるけどそれらが読み終わったらもう一度、いや二・三度読み返そう。そう強く思ったKUJIRAでした。

<iframe src=”http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=kujirasan04-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4103276614&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr” style=”width:120px;height:240px;” scrolling=”no” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ frameborder=”0″></iframe>