恐怖っ!クーラー凍る!!!

 

 深夜、暑くて目が覚めた。。。

 

 8月に入り気温の上昇率がハンパなかったので、クーラーを掃除し、今まで無休でフル稼働していたのだが、ここ最近クーラーの効きが至極悪く、全く外と温度が変わらない状況が続いた。

 

 「故障したのだろう」と落胆し、「電気代も勿体ないから電源を切ろう」とイライラしながらクーラーの電源を切ったのだが、その瞬間、クーラーの中から『パキッ、パキパキパキパキ、バキッ』Σ(°□°;)とものすごい音!あまりの音に度肝を抜かれ、慌てて中を確認するためにフィルターのハッチに手を掛けると、「っ冷たっ!!!Σ(・д・;)」。

 

 そしてハッチを開けフィルターを外すと衝撃の光景が・・・

 

TS3D0796

 

 「ギャーッスΣΣΣ(°д°;)」

 

 「なんじゃこりゃー!!!・・・いったいどうなって・・・凍ってるのか???」

 

 あまりの光景に声も出ず、場に・・・というか自分の心だけに物凄い戦慄が走り、気づけば脱兎のごとくPCに駆け寄ってGoogle先生に検索を掛けてる自分がいた。

 

 検索結果が出るや否やそれっぽいものを上から順に5~6件開く。響くクリック音、うなるファン、表示される時間さえ長く、表示されたページを恐る恐る見ると、記述内容は一律「ガス抜け」・・・「っすおんな訳ないだろおおおおおーーーーっ!!!(°△°#)」。

 

 そう心の中で叫んだ瞬間、一気に頭が起きだした。冷静になって考えてみる。

 

  ・1ヶ月間クーラーをつけっぱ
  ・フィルターを埋め尽くす氷
  ・夏の湿度

 

 そして考え抜いた結論は、ガス抜けなどではなく、「毎日クーラーを稼動する。」→①「徐々にフィルターに霜が付き、それが日を追うごとに多くなる。」→②「フィルターの通気性が損なわれる」→「①、②が徐々に悪化しながら繰り返される」→「フィルターの通気性0、臨界点突破!」→「フィルター凍結」→「冒頭の事件へ・・・」。。。

 

 ・・・これだっ・・・これしかない!そして扇風機をフィルターに向け、風力最大でフィルターが乾燥するまであて続けた結果、事件は無事解決!今日も快適にエアコンの掛かった部屋でプログラミングなどを行ってます。

 

 そんなこんなでクーラーを定期的に消そうと思ったKUJIRAでした。