林田正光 「ブランドづくりの教科書」

 皆さんこんにちは。本日紹介する本は、林田正光さんのブランドづくりの教科書です。

 この本は、ザ・リッツ・カールトン大阪というホテルで、営業統括支配人を経験し、このホテルを短期間で一流ホテルに仕立て上げた、林田さんの経験談から語られるブランド論をまとめた本です。

 この本は大きく以下の二つの内容に分かれて書かれています。

  1. ブランドというものは何か。企業でブランドを作るには、どうしたらいいのか。
  2. 自分ブランドとは何か。自分ブランドを作るにはどうしたらいいのか。

 KUJIRAは、この手の本をあまり読まないのですが、友達と一緒に本屋に行ったときに買いました。

 感想なのですが、最初、もっとブランドやそれにまつわるマーケティング戦略などが書かれている本なのかと思いきや、実態はブランドを作るという企業概念を自分に適用させるという自己啓発本です。

 まぁ書かれていることはごく一般的で、当たり前のようなことですが、この本の中でも書いてある通り、当たり前のことや一般的なことを継続的に実践することが一番難しいので、そこを見落とさずに真剣に読める人が、こういう本を読んで効果がある人だと自分は思いました。

 ただ、この本(まぁ、この手の本にはありがちなのだが)は文章というか、そもそも言葉回しがあまり上手ではなく、途中すさまじくダレる所が多々あるのでもっと軽快に書けないものかと自分は思いました。(といっても自分はそういう事言えるほど文章書けないんですけどね(笑))

 言ってることは正論で、その具体例として自分の経験談を話すのはいいのだが、それがどうも自慢話や、あからさまな宣伝に聞こえてしまうんですよね。文章のプロではないからしょうがない部分もあるけども、それにしてもこのダレ方はひどいと思いました。最後の数ページにいたっては、あとがきと証した宣伝で、あまりの堂々さに逆に笑ってしまう部分もあったりなかったり・・・。

 それでも経験というものは何よりも強いらしく、言っている内容はとても的を射ているので、この人の著書は今度まとめて読んでみたいと思ったKUJIRAでした。