ZZという後輩

 俺にはZZという後輩がいる。自分は剣道部で、奴は元々空手部の後輩。奴が入学したての頃、自分は体調が悪く、あまり部活に参加できないでいたので面識は無かったが、体育会本部で初めて奴に出会う事になり、その存在を不運にも知ってしまう。

 最初からとんでもない奴だった事を覚えている。日本語が全く通じないから、初め、もしかしたら外国の人なのではないかと思ったほどだ(笑)

 しかし、いざ一緒に働いてみるとこいつがまた面白い。道化センスの塊みたいな奴で、存在しているだけで笑えるwww。

 時々、訳の分からない事を言ってくる(俗にチューバッカ理論*と言うらしい・・・今日ZZから教えてもらったwww)が、OB会事務局の仕事をさせればこいつほど頼もしい奴はいない。この分野に関しては本部内ではこいつに勝てる奴はいないだろう・・・その代わり他の事は全く理解してないが(笑)

 ワンゲルにジョブチェンジしてからは道化レベルが上がり、とうとう本部の最終兵器にまでなってしまった。今後、奴が卒業する頃には一体どれほどの道化師に成長しているのだろうか?それを想像できるものは誰もいない。そう、神さえも・・・。

 さて、話は一気に変わり今日の話。

 今日は色んな事が起きました。先ず電車!KUJIRAは丸の内線を毎日使っているのですが、今日、電車に乗るため改札へ向かうと人だかりが・・・。

 ”一体どうしたのだろう”そう思いながら首を傾げていると、アナウンスが耳に飛び込んできた。何でも丸の内線のホームドアから転落した人がいてその人の救助を行っているのだとか・・・。

 ・・・( ̄□ ̄)???Σ(°д°;)えっ????どうやったら落ちるんだよ!!!だってあんなの高さ1m以上あるような柵だぞ・・・転落なんてしようがないじゃん。

 いろいろ突っ込みたかったのですが、まぁ世の中そんな奇抜な人もいるという事で電車に乗って研究室に行きました。

 研究室で研究を行った後、ZZと昼飯を食べに行きました。あいつ始終咳き込んでいたので尋ねてみたら、つい最近まで風邪だったんだって・・・俺たぶん近いうちに風邪になるなこりゃ(笑)

 だいたい、あいつの頑丈な体を病気にするような風邪の菌なんか一般人が受けたら即死だっつうの(笑)

 まぁ会社に行く事も4月まではないし、特に困りはしないんだけど、それでも病気になるのは嫌だなと思いました。

 二人でラーメン屋に行くと、なんと奴は、ただでさえ大盛り(350g)の付け麺に大盛り券(+300g)を購入して店員に叩きつけやがったのですwww。焦る店員、後の閊える店内、そして麺の総重量650g・・・数字見ただけでお腹が一杯になりそうだ。

 出てきた付け麺は、ラーメン茶碗一杯にコレでもかと乗っており、つい「どんぶりご飯かよっ!!!」と言ってしまいました。

 この前もとんでもない量の飯食ってたし、こいつの胃袋はどうなっているんだと不思議がるKUJIRAでした。

*チューバッカ理論
  スターウォーズに出てくるチューバッカが、何を言っているのか分からないというところから来た言葉。どれだけ人に説明しても内容が掴めない、趣旨が読み取れない、というかそもそも思考がTPOに丸っきり合っていないときに使うらしいです。聴いた瞬間にツボりましたwww。