角野栄子 「魔女の宅急便」

 くだらない日記ばかり書いていないで、たまには本の紹介もしないとね。ということで、今回紹介する本は角野栄子さんの魔女の宅急便 です。まぁ今更な感じもしますけど紹介しちゃいますよ~(笑)

 魔女の宅急便と言えば宮崎駿作品としてアニメーション映画が有名ですが、実はこれ宮崎駿さんが原作を作ったわけじゃないのです。宮崎駿作品の内、監督自身ではなく別の作者の原作を使った作品は、ルパン3世、魔女の宅急便、ハウルの動く城の3作。今回紹介するのはその魔女の宅急便の原作の第1巻となります。

 主人公のキキは空を飛ぶ事しかできない魔女の血を受け継いだ女の子。そんなキキは魔女の慣わしにより13歳の満月の日に別の町へと旅立ちます。期待に胸を膨らまし海辺の大きな町を見つけ降り立つも、どことなく冷たい都会の人達に気落ちしてしまうキキ。そんな中、グー・チョキ・パン屋のおソノさんと出会い、使われていない部屋に住まわせて貰う事になります。そして、住まいも見つかったところでキキは自分の特技を生かして宅急便を始めるのでした。

 まぁ、アニメーション映画の原作が第1巻なので大まかな流れは皆さん知っていると思います。もちろんトンボも出てきます。ただ一緒なのは最初の数話だけで、トンボの出会い辺りから話が違ってきます。角野さん的には宮崎駿監督の魔女の宅急便に当初不満を持っていたらしいのですが、今では和解しています。自分も原作、アニメーション両方とも好きです。

 そもそも、この作品自身とても夢のある内容なのに加え、角野さんのとても優しい表現と思春期を迎えたキキの繊細な心境の変化を書ききる確かな文章力が読んでる人を心地よくしてくれます。また、登場人物も魅力的だし世界観も文句なしに素敵です。癒されたくなったら読むことをお勧めします。

 今回はシリーズの中の第1巻という事で、今後機会があれば最終巻まで紹介していきます。それでは今日はこの辺で、KUJIRAでした。


  • 今回紹介した本
タイトル 「魔女の宅急便」
著者 角野栄子
出版社 福音館書店
発売日 1985年1月25日
価格 1500円(税別)
ページ数 259ページ