人はやっていないと忘れる。。。

 今日、サーバの調子が悪くて、とうとう逝ってしまわれた。。。まぁ、原因はOSのせいではなく、完全に自分の操作ミスだったわけなのだが、それにしてもこの失敗は大きかった。

 というのも今までやっていた設定がすべてパー。データは退避していたから良かったけど、これを一からまた作り直すのは結構しんどい。。。(><)

 しかし、やらなければならないわけなので、今日は一日中嫌いなPCに向かって一人せっせと復旧をやっていました。ただ、復旧して前のものと同じものを作るのもつまらないので今回はOSのバージョンをあげるという余計なことをしてみました。これが、あんな悲劇を生むなんて・・・( ̄□ ̄)

 まず、OSをインストールしアップデートしてみました。インストールしたOSはfedora core 4(うちにはCDのこれしかない!てか作れよって話だけどwww)、もうかなり古い化石みたいなOSです。インストールとアップデートが終わったら、これを5、6・・・という形で順々にバージョンをあげていきました。

 しかし、人はやっていないと忘れるもので、yumとか、rpmとか基本的なコマンドのオプションを忘れているという体たらく。まぁ、manとかhelpとかGoogleとか使って思い出したのですが、忘れたコマンドを不用意に打ったせいで、大事なファイルを消してしまった!!!

おかげで、5時間かかってやった作業が無駄に・・・また、一からやり直してます。でも、改めてやり直すと前は分からなかったことも分かるようになっていて新たな発見があります。やっぱり、昔やったことも時々は振り返ってやり直すのも勉強になりますね。。。

そんなことをしているうちにサーバーのアップデートがひとつ終わり、ちょっと安心しているKUJIRAでした。