除湿機欲しい!

6月に入って早一週間。気象庁が梅雨入りを発表した途端に全国的に大雨が降り続いた日本ですが、それと同時に一気に湿度が上がり部屋にいてもとても不快な日々を過ごしています。

この湿気をどうにかして取りたい!しかしうちにはエアコンがありません。というか貸家が古過ぎる都合上電気の配線系統が現行の法律にそぐわないためエアコンがつけられないのです。。。

ということで悩んだ挙句、除湿機を諸々調べてみました。

除湿機には大きく二つの方式があるそうです。一つはコンプレッサー方式、そしてもう一つがデシカント方式です。

コンプレッサー方式はエアコンの除湿と同じ原理で動いてます。冷媒により空気を冷やして空気中の水分を抽出します。

一方、デシカント方式は給水性能のある素材を使って空気中の水分を取っていきます。水分を取ると物質が湿って吸水性がなくなるのでヒーターで温めて乾燥させ水のタンクに取り除いた水を熱交換で移します。

それぞれ長所短所ありますが、代表的なところで言うと、

コンプレッサー方式
長所

除湿能力が高い
温度が上がりにくい
電気代が安い

短所

大きい
重い
うるさい

デシカント方式
長所

小さい
軽い
静か
年間して使える

短所

除湿能力が低い
室温が上がる
電気代が高い

じゃあ、どっちがいいの?ということになりますが、自分は太平洋側に住んでいるならコンプレッサー方式の方がいいと思っています。

理由は日本の四季が影響しています。日本の太平洋側は夏は湿度が多く。冬は乾燥しています。冬に除湿機を動かす理由が見当たりません。むしろ加湿器で加湿したいぐらいです。

また、電気代が安いこともコンプレッサー方式の方がいいのかなと思った理由です。

逆に日本海側に住んでいるならデシカント方式の方がいいのかもしれません。

他にも最近ではハイブリッドなども出ているみたいです。用途に合わせてということなのでしょうか。

まぁ、素人目から見れば多少うるさくてもコンプレッサー方式の方が良さそうだよなぁ。。。と思いつつ、まだまだ悩んでいるKUJIRAでした。