セクハラヤジ問題の発言者が名乗り出たらしいです。

 

いやぁ、ネットの力はすごいですね。何もしなければメディアを始め全てのものから揉み消されていたであろう問題がまた一つ解決しました。

 

先日、セクハラヤジの発言者が名乗り出て来ました。名前は鈴木章浩氏。自民党の政務調査会長代行です。思い上がりの強そうな顔をしています。なぜそういうことを言ったのか?に対しての質問には「少子化、晩婚化の中で早く結婚していただきたかった」という回答をしているのだそうです。

 

いやいや、そういう問題が解決しないから話し合っているんじゃないのかよ・・・と思います。

 

しかも、会見の中では「結婚がしたくてもなかなかできない方への配慮が足らなかった」とかも言っていてホント頭の天辺からつま先まで全てにおいて上から目線で失礼なやつだなと思いました。

 

発言をした当初は「私ではない」とか言っていたらしいのですが何で嘘を付くのか・・・大体隣に居たやつもシラをきらないでちゃんと報告しろよと思います。というか、本当にこいつなのでしょうか?もうちょっと偉い人が言っていてそれがヤバいから皆だんまりを決めこみ、挙句トカゲの尻尾切りを用意したとかじゃないでしょうね・・・?なんだか、本当のことを言っていないような気がしてなりません。塩村さんも釈然としない顔をしてたらしいので、もしかするともしかするかもしれません。

 

海外でも大きく取り上げられているし、事が事なのでうやむやにせず徹底的に正させて欲しいです。

 

とりあえず今日議員名簿をみたら自民党会派の中から彼の名前は無くなっていました。除名だけなんて少し軽すぎる気がしますが、、、今後の動向から目が離せないです。KUJIRAでした。