USキーボードっていいよね・・・。

 

こんにちは、KUJIRAです。今日のタイトル、USキーボードっていいよね・・・ということで、なんでいいと思うのか自分なりに書いてみようと思います。

 

KUJIRAは職場では日本語キーボード、家ではUSキーボードを使用しています。しかし、職場のキーボードもここ最近USの外付けを購入し使用しております。なんでそんな面倒臭い事をやっているのかというと、そこにはUSキーボードを使ってみて初めて気づく使いやすさが一つ要因としてあります。

 

この使いやすさ・・・USキーボードと日本語キーボードでいったい何がそんなに違うのでしょうか?

 

まず、一番目につくのが、無駄なキーがないことでしょうか?日本語キーボードだと『変換・無変換』のキーがありよくスペースと打ち間違えたりします。その度に「おいっ!」と突っ込みたくなるのです。「変換・無変換」キーっていったい何に使うのでしょうね・・・。

 

あと、全角と半角に切り替えるときもUSキーボードだと楽です。なぜかというと日本語キーボードみたいに「半角・全角」キーがないためこれらの変換は「Alt + Space」だったり「Command + Space」だったりするわけです。要は切り替えのたびにホームポジションから手が離れないのです。なので作業効率がとてもいいです。

 

それと、returnキーですかね。。。これに関しては賛否両論あります。何が賛否を分けているかというと「キーの大きさ」と「ホームポジション時の小指からの距離」です。

 

まず、日本語キーボードはreturnキーが大きいです。縦に長く逆 L 字のような謎の形をしています。そのため打ち間違いが少ないとの理由で日本語キーボードを勧める人もいるでしょう。逆にUSキーボードはreturnキーが小さい。そのためよくShiftキーと打ち間違える人が多いと思います。

 

次に「ホームポジション時の小指からの距離」ですが、これはUSキーボードが圧倒的に近いです。日本語キーボードは遠くてかないません。このため、ホームポジションがreturnキー押下毎に崩れず無駄な時間のロスを抑止することができます。

 

あとdeleteキーもUSキーボードは大きいですね。。。なので、文字を消すときも結構楽です。

 

それから、一つのキーに割り当てられている文字数が日本語キーボードの場合最大で4つなのに対し、USキーボードは最大で二つです。これにより、どこにどのキーがあるのか混乱せずに済みます。

 

ここまで説明すると日本語キーボードをディスっているように見えるので少し弁解を。

 

日本語キーボードの利点は何と言っても日本語の入力に強いということでしょうか。どいうことかというと、日本語キーボードのキートップをよく見てください。一つのキーに一つのひらがなが割り当てられています。ですので日本語しか打たない人はこのキー配列さえ覚えてしまえば普通にローマ字を打つよりもはるかに効率良く入力することが可能になるのです。なのでそういう人はUSキーボードなんかは使わずに素直に日本語キーボードを使ってください。また、日本国内にいる間は依然として日本語キーボードのシェアは高いです。何と言っても店頭で売っているPCのほとんどは日本語キーボードをデフォルトで採用しているからです。そのため、職場のPCももちろん日本語キーボードが多いです。サラリーマンの方々は日本語キーボードに慣れていた方が無難なのかもしれません。

 

USキーボードはプログラマや、英語で良く文章を作成する人、ITサービス関係の人なんかが使うとよく使うキーが分かりやすい位置にあり、かつ押し間違い等しないため便利かと思います。

 

まとめです。

 

日本語キーボード
■メリット
  1. returnキーが大きい
  2. 日本語入力に関しては効率良くタイピングができる
  3. 日本では当たり前の配列なので覚えておくと日本国内だったら基本的に困らない
■デメリット
  1. returnキーがホームポジション時の小指から遠い
  2. 余計なキーが多い為不要な押し間違いがある
  3. キートップに無駄な文字が割り当てられているため一見すると混乱しかねない
  4. 何にしてもホームポジションから手が離れないといけないため作業効率が悪くなる
お勧めする人 普段日本語のみで文章を書き、英語での文章、プログラミング、サーバーオペレーションなどを行わない人
  1. 作家
  2. 脚本家
  3. ブロガー
USキーボード ■メリット
  1. returnキーがホームポジション時の小指から近い
  2. 余計なキーが少ない
  3. キートップに無駄な文字が割り当てられていないため混乱が起きにくい
  4. ホームポジションから手がほとんど離れないため効率の良いタイピングができる
■デメリット
  1. returnキーが小さい
  2. 日本語入力に関しては効率が悪い
  3. 日本では使っている人が少ないためPCの設定等々含め少し初期導入が面倒臭い
お勧めする人 普段英語での文章、プログラミング、サーバーオペレーションなどを行う人
  1. プログラマ
  2. ITエンジニア(ネットワークエンジニア・サーバーエンジニアなど)
  3. 英書作家

 

とまぁ色々まとめましたが、結局よく見てみると日本語キーボードって本当はいらないのではないかと思ってきます。なにせ、基本的にキーボードでタイピングする人もほとんどがローマ字入力を行っているからです。なので、この日本語キーボードゆくゆくは無くなるんじゃないかな・・・なんて思ってみたり・・・下手なこと言うと色々と反感を買うので声を大にして言えませんが・・・。

 

まぁ、キーボードはインターフェースで人それぞれ使いやすい、使いづらいなどがあると思うので是非色々なキーボードを試してみて作業効率を上げてみてください。KUJIRAでした。