Scalaでファイルを読み込む

こんにちは、KUJIRAです。今日はファイルの読み込みをやります。やっぱり実践第一です。上達するにはプログラムのソースを組むにかぎります。ということで以下にコードを書きます。

1行ずつ見ていきます。

まず1行目

ファイルの読み込みには「scala.io.Source」をインポートする必要があります。

次の処理の

は引数があるかないかを判定しています。引数がある場合はファイルを読み込む処理へ、引数がない場合はエラー処理へ行きます。

引数が存在する場合の処理を見てみましょう。

「Source.fromFile(args(0))」は引数で渡されるファイルパスからファイルのオープンを試みて成功した場合にSourceオブジェクトを返すことになっております。その返ってきたSourceオブジェクトに対して「getLines()」というメソッドでイテレータを返します。そのため取得した値をfor文でループさせ、次の「println(line)」で一行ずつ出力しています。

最後にエラー処理を見ます。

この文はコンソールの標準エラー出力にメッセージを出力します。

以上がファイルの読み込みの基本プログラムです。Javaのより全然簡単です。コードも短いしバグる事も少なそうです。。。ということで今日はここまで、KUJIRAでした。

コメントを残す